Category: 5th スクラッチ 「妖殺!美人DJ プリティ」

5th スクラッチ -1-

278.jpg

279.jpg

280.jpg

281.jpg

282.jpg

283.jpg

284.jpg

285.jpg

286.jpg

287.jpg

288.jpg

つづく

Share on Facebook
LINEで送る

5th スクラッチ -2-

誘われるがまま怪しげな店に付いて来てしまったストームとメガネだったが…
289.jpg

290.jpg

291.jpg

292.jpg

293.jpg

294.jpg

295.jpg

296.jpg

297.jpg

298.jpg

299.jpg

300.jpg

つづく

Share on Facebook
LINEで送る

5th スクラッチ -3-

クラブ・バーニングのダンスタイムにレコードを回し始めたのは…
301.jpg

302.jpg

303.jpg

304.jpg

305.jpg

306.jpg

307.jpg

308.jpg

309.jpg

310.jpg

311.jpg

312.jpg

313.jpg

314.jpg

315.jpg

316.jpg

317.jpg

つづく

Share on Facebook
LINEで送る

5th スクラッチ -4-

プリティのパフォーマンスに対し何かしら思う所のありそうなストームだったが…
318.jpg

319.jpg

320.jpg

321.jpg

322.jpg

323.jpg

324.jpg

325.jpg

326.jpg

327.jpg

328.jpg

329.jpg

330.jpg

331.jpg

332.jpg

つづく

Share on Facebook
LINEで送る

5th スクラッチ -5-

またしても店のブースを強引に乗っ取ったストームだったが…
333.jpg

334.jpg

335.jpg

336.jpg

337.jpg

338.jpg

339.jpg

340.jpg

341.jpg

342.jpg

343.jpg

344.jpg

345.jpg

346.jpg

347.jpg

348.jpg

つづく

Share on Facebook
LINEで送る

5th スクラッチ -6-

プリティの頭から落ちた無気味な機械を見て顔色を変えるストームだったが…
349.jpg

350.jpg

351.jpg

352.jpg

353.jpg

354.jpg

355.jpg

356.jpg

357.jpg

358.jpg

359.jpg

360.jpg

361.jpg

362.jpg

363.jpg

364.jpg

365.jpg

366.jpg

367.jpg

6th スクラッチにつづく

-5th スクラッチ 用語解説-

●アンダーワールド
麻薬とあらゆる悪の手段で、ダンスミュージック業界を乗っ取ろうとする組織。その実体はまだ謎に包まれている。

●洗脳針(ダーク&ロング)
アンダーワールドが開発した極悪な機械。DJの頭部に植え付けると脳を支配し、命令に従わせることが出来る。洗脳の力を上回るような衝撃的な出来事があると、ポロッととれる事もある。

●ピンサロ
ピンクサロン。お酒を飲みながら女の子がエッチなサービスをしてくれる。

●レゲエ
1960年代にジャマイカで生み出された音楽。その基本精神は、労働者階級と農民を中心にして発生した宗教運動“ラスタファリズム”から多大な影響を受けている。1980年代以降急速に発展した“ダンスホールレゲエ”は、ラスタファリの思想から離れ、トラックもデジタル化、本来のレゲエとは別物とも言えるジャンルである。
ジャマイカでは音楽は一般的に、巨大なスピーカーを積み上げた移動式の音響施設“サウンド・システム”でプレイされる事が多い。その際、曲をかけるのはセレクター、曲に合わせて喋ったり歌ったりするのはDJ、セレクターのかける曲の説明等で場を盛り上げるのがMCと呼ばれ、他ジャンルとは異なった独特の役割分担となっている。また、ダンスホールレゲエに合わせて女性が踊るセクシーなダンス“レゲエダンス”は、大股開きや大胆な腰振り等トリッキーな動きが多く、一見の価値有りだ。
レゲエをテーマにした映画「Rockers」(1978)では、本作中で見られるようなブース乗っ取りも実際に見る事ができるぞ!超ファンキー!

●ボブ・マーリー(Bob Marley 1945 – 1981)
本名ロバート・ネスタ・マーリ-。ジャマイカを代表するレゲエミュージシャンで、ラスタファリズム信者。キング・オブ・レゲエと呼ばれ、今なおレゲエの神様として崇められる存在である。また、ガンジャ(大麻)の愛好家としても知られる。
1970年代後半のジャマイカは、2大政党の対立が激化し、しばしば流血の惨事が引き起こされていた。そんな中”One Love Peace Concert”を開催したボブ・マーリーは、偶然会場に来ていた2人の党首、マイケル・マンリーとエドワード・シアガのをステージ上に招き、和解の握手をさせた。この偉大なる瞬間は、音楽が起こした奇跡として歴史に刻まれている。

●One Love/People Get Leady / Bob Marley & The Wailers(1977)
レゲエの最高傑作とも称されるアルバム、BOB MARLEY & THE WAILERSの「EXODUS」、ラストを飾るナンバー。「ひとつの愛 ひとつの心 みんな一つになって幸せになろう 世界の初めがそうだったように 世界の終わりもそうあるべきだ―」と歌われるこの曲は、ラスタファリの精神に基づくボブ・マーリーの音楽性を象徴した大名曲だ!
kaisetsu005jpg.jpg

今回は参考までに、ストームが「たまには聴け!」と絶叫したルーツレゲエの名曲をご紹介します。こちらで少しでも“ルーツレゲエの魂”を感じ取って頂ければ幸いです。

●No Woman No Cry / Bob Marley & The Wailers

●Cool Runnings / Bunny Wailer

※Bob Marley & The Wailers、ウェイラーズのバニー・ウェイラーの代表曲。
タイトルの“Cool Runnings”は、パトワ語(ジャマイカで日常的に使用される
英語ベースの言語)で“良い旅を”という意味。

●Steppin Razor / Peter Tosh

※同じくウェイラーズのメンバーだったピーター・トッシュ。
短気な性格で常に世間に好戦的な態度を取っていた事から
歩くカミソリと異名を付けられた。
この曲は先述の映画「Rockers」の挿入歌にもなってるぞ!

★そして、冒頭でメガネとストームがやって来たと語っていた“卓球”。
一体2人はどんな勝負を繰り広げて来たのか、気になったりならなかったりする所です。
そこで今回は、番外スクラッチと致しまして、2人の卓球対決の様子を漫画にまとめてみました。


bangai003.jpg


上の画像、または以下のリンクからご覧頂けますので、
お時間のある方は是非どうぞ!
「卓球!メガネ vs ストーム」を読む

それでは今後とも「クラブDJストーム」並びに「LBT」を
よろしくお願い致します!

 
6th スクラッチ -1-へ続く


6th スクラッチ 「好敵!風のDJ ウインド」一気読み

オリジナル掲載:2007.03.31

Share on Facebook
LINEで送る